So-net無料ブログ作成
検索選択

赤面症で面接や就職試験でも明暗がやはりわかれます・・ [赤面症が出世の明暗を分ける?]

赤面症って人によってはまったく気にもしていないものですが、
本人にすれば、かなり気になるのは確かなところ。

でも就職の面接など、ここ一番のときなどは
やはり赤面症であるデメリットはかなりあると思います。

というか私が実際にそうでしたから・・
それに伴って、あがり症なども併発するとなおさら大変です・・・

そんな、あがり症や赤面症で悩んでいるあなたへ、こちらが参考になりますよ!

あがり症克服法をマスターする第一歩として
http://xn--l8jua3b1mnb2022efin.com/entry17.html

赤面症を自分で治す方法 [赤面症を自分で治す方法]

赤面症を治したいという多くの方は、
この部分を、患者に気づかせるように指導しているケースが多いです。

この部分に気付かなければ、「赤面症」で悩んでいた方が
なんらかの方法で「赤面」に関しては解決したとしても、また別の症状を出す場合があります。

「視線が怖い」「表情が作れない」ということに移行する場合もあります。

これらのことは、根本的にある「対人恐怖」を解決するとか、「気にしすぎる性格」「他人の目を気にする性格」などを、本人にとって苦しくない状態に改善しなければ、解決につながりません。また一方で「赤面症であることを理由に、困難を避け、楽をする」という癖がついているなら、それも解消しなければならない、といえるでしょう。

赤面症克服法として、自己暗示法というものがあります。

自己暗示法では、特定の言葉やイメージなど、一定の「キーワード」を決めておき、その言葉やイメージを思い浮かべると、からだ・こころの緊張を解いて、リラックスできるように、訓練を積んでおきます。それで、赤面症の症状が出そうになったとき、その呪文を唱えて、リラックスする状態を得たり、「血が昇る」という状態を解消したりするということで、赤面症の症状を、抑えられるようになっていき、最終的には赤面症に苦しまないような状態になれる、といった方法のようです。

ただし、他にも様々なやり方があり、良い指導者のもとで、適切な指導を受けることが必要といえます。スポーツ選手や政治家など、第一線で活躍している成功者が、自分の成功しているイメージを常に持っていたと語ることがあります。これも一種の自己暗示法です。また逆に、赤面症の人は「赤面してしまう自分のイメージ」を強く持っているとも、言えます。このため、自己暗示法を用いて、赤面しないでリラックスできる自分のイメージを持てるようになると、状況は変わるかもしれません。また、赤面症克服法だけではなく、様々な場面で「良いイメージ」を持って、成功をおさめることができるようになるかもしれませんね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。